本当は怖い偏頭痛
本当は怖い偏頭痛
未分類 | 12月04日更新

専門の病院に行こう

偏頭痛で悩んでいる人は日本でも非常に多く、特に男性よりも女性の方が数倍多く、20歳から40歳位の比較的若い年代の方が悩んでいると言われています。
偏頭痛を起こしてしまうと、日常生活もままならない方が多いです。
しかし、意外にも日常的な頭痛であること、市販の薬を飲んで治っているからと病院で治療をしている人が少ないのも現状です。
特に、生命にかかわらないから、そんなにひどくないからと何年も頭痛と付き合っている人が数多くいます。
病院での治療で偏頭痛が軽減されることもありますので、ためらっている方には是非一度受診して頂きたいものです。
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

コーヒーが効く?

偏頭痛には、コーヒーが効くという話を耳にすることがあります。
これはいったいどうしてなのでしょうか?
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

薬の種類

偏頭痛を治療していく場合、頭痛発作が起きた時に服用する治療薬と、発作を起こりにくくする予防薬を併用していくようです。
発作が起きた時に使用する、急性期治療薬にはトリプタン系薬剤やエルゴタミン製剤といった病院で処方される薬や、市販の鎮痛剤などがあります。
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

偏頭痛に効くツボ

体には、様々な体の不調に効くツボがありますが、もちろん偏頭痛に効くツボもあります。
ツボの種類はいくつかあるのでご紹介してみたいと思います。
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

主な対処法

偏頭痛が起きてしまった時に自分でできる主な対処法は、まずは安静に休むことです。
こめかみに冷やしたタオルやアイスノン、もしなければペットボトルでも構わないので、冷えたもので首の後ろ、ズキンズキン痛む場所を冷やし、血管を収縮させて頭痛を軽減させるのも効果的です。
そして、暗くて静かな所を探してゆっくりと体を休めます。
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

肩こりと頭痛

実は、肩こりと頭痛は密接な関係があります。
頭から首、肩にかけての筋肉の緊張、特に首や背中の後ろから肩にかけて広がる僧帽筋と、首筋にある肩甲挙筋の緊張によって肩こりが起こっている事も多いのですが、これらの筋肉緊張によって血流が悪くなり、頭痛が引き起こされている可能性があります。
ギリギリと頭を締め付けられるような痛みがいつの間にか始まって、それがだらだらと続き、後頭部から首筋、頭の両側に起こる頭痛、ふわふわしためまいや体のだるさを伴う頭痛などは、肩こりが原因の場合があります。
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

吐き気と頭痛

吐き気を伴う頭痛の代表的なものは、偏頭痛が考えられます。
頭痛の回数は個人差がありますが、月に1〜2回から週に1〜2回くらい繰り返して起こります。
痛みは1〜2時間でピークに達して、個人差はありますが4時間から72時間程度続き、自然と治っていきます。
痛み方は、ズキンズキンまたはガンガンとした激しい痛みが脈拍と一致して、脈を打つように痛みます。
痛みが出ている時に、吐き気や嘔吐の症状が出てくるのですが、吐き気を伴う頭痛は偏頭痛だけではありません。
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

偏頭痛の症状

偏頭痛の症状の特徴は、頭痛の回数は月に1〜2回から、多い場合は週に1〜2回くらい繰り返して起こります。
痛みは1〜2時間でピークに達して、個人差はありますが4時間から72時間程度続きます。
痛み方は、ズキンズキンまたはガンガンとした激しい痛みが脈拍と一致して、脈を打つように痛みます。
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

偏頭痛の原因

偏頭痛が起きる原因は、いくつか考えられています。
まず、頭部の血管が過度に拡張する事によって、頭痛が起きてしまうというものです。
頭の血管では、ストレスなどが引き金となって神経伝達物質の1つのセロトニンという物質が異常に増えます。
血小板から血管を収縮させる作用を持つセロトニンが多く放出されたことによって、一旦脳の太い血管が収縮します。
その後、時間の経過とともにセロトニンが分解されていって減少し、一度収縮した血管が逆に拡張します。
これによって、腫れや炎症を引き起こしてしまい頭痛が起こってしまうのです。
続きを読む

未分類 | 12月04日更新

偏頭痛とは

偏頭痛とは頭痛の一種で、頭の痛みが発生して脈を打つような痛みや吐き気を伴うものです。
「偏頭痛」と「片頭痛」の漢字の違いがあることがありますが、どちらも同じことを指しています。
医学会用語だと「片頭痛」が正式の用語として使われているようです。
「偏頭痛」は、辞書の中で多く用いられる漢字になります。
続きを読む

top